明治42年3月開校の千駄木小学校PTAのページ。

PTAとは

PTAの目的

PTA (Parent – Teacher Association父母と先生の会)は、児童生徒の健全な成長をはかることを目的とした、どの機関にも属さない独立した組織です。
この目的のもとに親と教師とが協力して、学校・園および家庭における教育に関し理解を深め、その教育の振興につとめ、 さらに児童生徒の校外における生活の指導、地域における教育環境の改善、充実をはかるため会員相互の学習その他必要な活動を行う団体です。 この目的の達成に向けて次のような活動を行います。

PTAの活動

    1. 学校および家庭における教育のあり方の理解とその振興」のための活動

学校・園と家庭とがそれぞれ教育の責任を分担し、密接な関連を保ちながら児童生徒の指導が十分に行われるよう、 学校における指導の方針や、家庭における教育のあり方等について相互の理解を深めることが必要です。

    1. 児童生徒の校外における生活の指導のための活動

学校・園の教育方針に基づいた校外での児童生徒の指導に協力するとともに、児童生徒の心身ともに健全な発達をうながすよう適切な指導を行なうことや、 少年団体等の健全な育成を助ける役割が期待されています。

    1. 教育環境の改善、充実のための活動

遊び場の整備や危険地域の改善など、児童生徒が生活する場の教育環境を改善し、また、児童生徒の校・圏外における生活の安全を確保することが重要です。 (参考:昭和42年社会教育審議会報告「父母と先生の会のあり方について」)

学校や家庭での教育を側面的に支援する体制としてPTAがあります。
講演会や研修会、催事の実施などを通し子どもと家庭が成長していけるよう、ー人一人ができことから積極的にに参加しましょう。

PTAの組織

PTAは、学校・園に在籍する児童生徒の保護者および教師によって、学校・園ごとに組織されます。 PTAの組織は、議決機関と執行機関と監査機関とに分けることができます。
(1) 議決機関 ・・・ 総会
(2) 執行機関 ・・・ 役員会、各委員会、部会
(3) 監査機関 ・・・ 会計監査

PTAの運営

PTAは、会員の総意によって民主的に運営され、特定の政党、宗派にかたよる活動や、もっぱら営利を目的とする行為を行なってはいけません。
また、会費はPTA活動のために使用するもので、学校・園の運営等にあてるものではありません。
PTAは、保護者と教職員が自主的に運営する任意団体です。法的制約もなく、各校園の作成した規約(会則)により、運営していく団体です。

PTA相互の連絡提携について
PTAの活動を効果的にすすめるためには、会員相互の話合いや、組織的な学習や実践が必要であり、さらに、PTA相互の連絡調整や関連する諸団体等との連携をはかることが望まれています。 文京区では、各学校・園PTAを支える組織として、区立小学校PTA連合会、区立中学校PTA連合会、区立幼稚園PTA連合会が活動しています。

PAGETOP
Copyright © 千駄木小学校PTA All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.