卒業式(令和2年度・第110回)

/ 3月 25, 2021/ 活動報告

小校庭の桜が見事に満開に咲き誇る中、 3月25日(木)に6年生の児童113名の卒業式が執り行われました。本年度の卒業式は感染症対策のため児童1名につき1名の保護者に限っての列席でした。

10時に開始した式典は国歌斉唱(静聴)、卒業証書授与、校長式辞、祝辞紹介、児童が事前に歌った校歌斉唱(静聴)、卒業生退場で10時45分に終えました。

6年前の入学式の時はあどけない顔だった子供たちは、卒業の門出を迎え凛々しい姿に成長し、卒業式という晴れ舞台で立派に振る舞っており、本当に頼もしく感じました。

校長先生からは行事を振り返って成長した姿を紹介されながら温かく門出を祝うお言葉を頂戴しておりました。

また、祝辞紹介は多数頂いたことのみの報告となりましたが、児童や保護者の方々が見れるように掲示していただきました。祝辞は都知事、文京区長、文京区議会議長をはじめ近隣の学校や交流のある仙南小学校、魚沼市長、異動された教職員の方々などから温かいメッセージを頂いておりました。

式の終了後は教職員及び保護者の皆様が花道を作り卒業生が校舎を去って行きました。正面玄関前では親子や卒業生同士で記念写真を撮りながら別れを惜しんでおりました。

ご列席の保護者の皆様におかれましては、児童のご卒業大変おめでとうございます。また、当日の検温にご協力頂きありがとうございました。


本日の卒業式をもって令和2年度のPTA役員の活動も実質的には終了となります。本年度は感染症対策で児童の生活が一変し、PTA活動で至らぬ点も多々あったかと思いますが、ご容赦頂きますようお願い申し上げます。
また、PTA活動にご理解ご協力を賜りました教職員の皆様、保護者の皆様、地域の皆様にお礼申し上げます。大変お世話になりました。